変㌦の(。_。)φなにか。

bijouサーバーに棲息している廃ウィズみき乃丞のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでは実際にTS3を起動しておしゃべりしてみましょう。

まずはサーバーに接続しないことにはお話になりません☆

TS7.jpg
TS3のアイコンをダブルクリックすると上のような画面がでてきます。
接続→接続

TS8.jpg
ここでサーバー設定
【アドレス】サーバーアドレスを入れます。
【ポート番号】だいたい9987でOK
【サーバーパスワード】サーバーごとに決められたパスがある場合は入力

TS11.jpg
繋がったらこの画面がでてきます。
あかねさすの人はだれかがあかねchを作ってるのでそっちに入ればOKです。

TS9.jpg
音が拾えてない場合はここでも調整できます。
【設定】→【オプション】→【録音】

TS12.jpg
チャンネルに入ってからのチャットは左下にあるタブを自分の入ってるチャンネルに合わせてください。

細かい設定は以上です。おつかれさまでしたー
お菓子を食べるときはうるさいのでマイクミュートにしてくださいね。
スポンサーサイト
TS3の初回起動はセットアップウィザードが起動します。
TS1.jpg
とりあえず、次へ

TS2.jpg
【ニックネーム】
接続中のニックネームを決めます。接続中いつでも変更可能です。

TS3.jpg
【マイクの設定】
ここでマイク自動検知かプッシュトークを選択します。
普通の人は音声有効検出にチェックが入ってればOKです。
(プッシュトークは決めたキーを押してる間だけしゃべれます)

TS4.jpg
【音声有効検出にチェックいれた場合】
音声テストを押すと、マイクが周囲の音を拾い始めます。
実際に話したときにTS3が音声を認知するのは赤枠のバーを超えたときです。

バーが左過ぎると生活音などの雑音を拾い、右過ぎると声が聞こえなくなります。
(バーが左でマイクの感度があがり音を拾いやすくなります)
これを踏まえてサウンドデバイスの音量と、このバーを左右に移動させて調整します。
ちなみに私の設定は1.5です。人によって数字は違うので自分のいい感じの数字を設定してください。

※実際に話すと自分の声が聞こえ、何も話してないときに雑音が入らないように設定してみて下さい。※

【音声を認識しない場合】
一旦セットアップウィザードを終了します。
メニュー[設定]→[オプション]→[録音]→[録音デバイス]で正しいデバイスを選択します。
([Settings]→[Options]→[Capture]→[Capture Device])


TS5.jpg
【ミュートの設定】
普通の人は特に何もしないで、次へ

TS6.jpg
おつかれさまでしたー、セットアップウィザードは終了です。

もう一度セットアップウィザードをやりなおす場合はメニュー[設定]([Settings])からやりなおせます。

次は実際に起動してみましょー。

【おしゃべりしてみよう編】
前回の記事で導入したTS3ですが、そのまま使うと英語のままです。
なので日本語化しましょう。

こちらのサイトで日本語化パッチをDLしてください。

Voice Chat Forum

TS日本語化1
一番上の赤丸でかこってあるやつね。

TS日本語化2
解凍して開いて styles と translationsこの2つのファイルをコピーします。

コピーしたらC:\Program Files\TeamSpeak 3 Client(デフォルト)の中に貼り付けます。

TS日本語化3
すべて上書きでOK


おつかれさまでしたー。これで日本語になってるはずです。
次はセットアップウィザード編です。

【セットアップウィザード編】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。